部屋を片付けられない人のブログ

AppleVisonProにみる、情報の整理整頓

このサイトはプロモーションを含んでいます。

Apple Vision Proは、2023年6月に発表されたApple初のゴーグル型XRヘッドセットデバイスであり、空間コンピューティングデバイスとして、日常生活からビジネスユースまで幅広い用途での利用が見込まれています。このデバイスは、MacbookやiPhone、Apple WatchなどAppleが長年開発してきたプロダクトデザインの集大成と位置づけられています。特に注目される新機能には、高精細ディスプレイと立体音響による圧倒的な没入体験、直感的な操作を可能にする製品設計、3Dカメラによる革新的な体験などがあります。

Apple Vision Proは、従来の物理的なモニターを超えた作業空間の拡大を提供することで、オフィスワーカーにとっての効率化に貢献する可能性が高いと考えられます。特に、複数のプロジェクトや書類に素早くアクセスする必要がある作業において、その利点は顕著です。現在、オフィスワーカーは業務時間の相当部分を書類探しに費やしており、一説によると年間約550時間(調べものに392時間、探しものに150時間)を消費しているとされますので、

特に私のように注意が散漫になりがちな人々にとっても、Apple Vision Proは「超有望アイテム」となる可能性があります。従来のモニターを使用する作業スタイルに比べ、Apple Vision Proを活用することで、より直感的かつ柔軟に多次元の情報を扱えるようになることを期待しています。

このデバイスが提供する仮想の作業空間は、物理的な制限を超えて、必要な書類やプロジェクトに即座にアクセスし、効率的に作業を進めることができればと思っています。

とはいえ、レビューなどをみるとまだまだ荒削りなようで、4Kモニター3枚くらい用意してコンピュータを使用している方々にとって、Apple Vision Proがどの程度の効率化をもたらすかは、微妙なところかもしれません。

とはいえ、Apple Vision Proの提供する没入型の体験と直感的な操作性は、従来のモニター配置では実現できない新たな可能性を開くことでしょう。

この記事を書いた人
SNSでフォローする